会の紹介

 会の概要

  • 名称 童人トマの風

「童人」は「同人」に引っ掛けたもの。いつまでもわらべの気持ちを忘れないで遊びましょう、という気持ちがこめられています。また「トマ」とは津軽マタギの言葉で「山頂」という意味です。

  • 創立 1992年11月
  • 加盟団体 東京都山岳連盟(略称 都岳連)
  • 会員数 男: 35名 女:18名 (2018年1月現在)
  • 会の目的: この会は相互の人間関係に基づき、会員が満足の行く山行を安全に楽しむためのものである。(会規約より)

会員構成

男女別会員構成

女性が多く、活発に活動しているのがトマの風の特徴です。女子・男子でパーティが分かれることはありませんが、あえて女子パーティを組んで楽しむこともあります。

年齢別構成

20代から60代まで幅広く活躍しているのがトマの風です。中心となっているのは40代ですが、若手からハッピーリタイアした人まで、年齢の差を越えて友人関係を築いています。

在籍年数

トマの風のメンバーは、定着率が高く、活発に活動しているのが特徴です。これまでの生活では
知り合えなかった人たちと知り合えるのも、トマの風の魅力ではないでしょうか。
(入会して間もない新人さんに話を聞きました。会の魅力を語ってくれています。
新人さんの声はこちらから

男女比率

年齢構成

在籍年数

トマの山行形態

個人山行

会員同士で誘い合ってパーティを組んで行く山行が中心になっています。山行のジャンル(沢登りや縦走、山スキーなど)、地域、などについては「トマの山行」をご覧下さい。オールラウンドに近い多彩な山行を行っています。

年間山行数は約250〜300件です。

会山行

トマの風は合宿を行っていません。年に8回ほど技術委員会主催の「会山行」を行っています。会員はなるべく参加するようにしています。種類は次のようなものがあります。

テーマ山行

春、秋は親睦を兼ねた山菜やきのこ目当ての山行。夏は少し厳しめの「○○山山頂集中」といった山行があります。

訓練山行

岩登り、雪山の技術、渡渉訓練、セルフレスキュー(怪我への対処)などで新人でも1年もすると一通りの技術を習得可能です。

安全山行に対する取り組み

安全に帰ってきて初めて山行は成功と言えます。そのためにいろいろな仕組みを作り、活動しています。

山行管理
  • 山行計画作成、提出とアドバイス
  • 下山連絡(山行の見守りをしています)
  • 山行報告(例会にて)
遭難対策
  • 山岳保険加入(全員義務) jRO 日本山岳会救助機構会員制度
  • 例会(技術集会)での講習
  • 遭難対策基金積み立て
  • 遭難対策マニュアル整備
  • セルフレスキュー、救急法の訓練
  • ヒヤリハットの共有・・・ドキッとしたことも共有して事故を未然に防ぐ

会の運営の仕組み

  • 例会 月2回(毎月2週目・4週目の火曜日or水曜日)

  場所 千代田区富士見区民会館(飯田橋駅下車5分)   

  時間 20時~22時

技術集会としていろいろなテーマの講習があります。

  • 総会 年1回(11月)
  • 会費 入会金 2,000円、  月会費 1,000円

活動の記録

活動記録を残すことは山行の締めくくりです。会員のみならず外部への発信にもなりま  す。

  • 山行速報 ホームページに簡単にアップできるようになっています。
  • 月報  毎月月報を発行しています。会員の互助で記録をまとめています。
  • 年報  創立以来毎年年報を発行しています。